スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/27【たちあがれ日本】平沼赳夫氏による新橋街頭演説

2012.02.28 01:43|街頭演説

[広告 ] VPS



【平沼赳夫氏演説内容の文字起こし分】
ご紹介をいただきました、たちあがれ日本の代表を致しております、平沼赳夫であります。
 今日は時間が限られておりますので、中国との外交上の問題を皆様方と共に考えて行きたいこのように思っています。
 中国の北京にある我が国日本の大使館が古くなりました。そこで新しい大使館のビルを建てた訳であります。昨年の7月にそのビルは完成を致しました。日本の大使館はその新しい大使館に移ろうと思ったら、中国の政府が許可をしない訳であります。何故しないか?「我々に登録した建築内容と内容が違うから入居を許さない」。こういう事でありました。そして年が明けて色々交渉したんですけれども、ようやく入居を認めたんです。吹き抜けを作るだけだった。それだけにいちゃもんを付けて来た。
 私は外務省を呼んで話を聞いた。そしたら我が国の外務省は中国に口上書を渡した。約束をした訳であります。どういう約束か、大使館の移転と全く関係がない。中国側は我々は日本に領事館の土地を購入したいから、名古屋と新潟に申し込んだけれども市議会が反対をして土地を売ってくれない。そこに便宜をはかったら大使館に移っても良い。こんな事は外交上関係があるのでしょうか?大使館に入居を認めないのと日本の領事館、「日本に作る領事館の土地を売って欲しい、この約束をしよう」私は筋が違うと思うんです。
 何故名古屋や新潟の市議会は、中国の領事館に土地を売る事を反対したんでしょうか。理由はいくつかあります。一つは外交上総合主義と言う言葉があります。外交しているんだったらお互いに同等の待遇をしろ、これが総合主義なんです。中国は日本の大使館のみならず、世界各国の大使館に一平米も土地を売りません。全部賃貸関係、これにしているんです。しかし我々の日本には土地を売れ、そう言って来ているんです。これは総合主義から言っておかしな話だ。こういう事で名古屋や新潟の市議会は売らないと言う事で反対をした訳であります。今東京の麻布にある中国大使館はその土地を全部自らの所有にしています。総合主義じゃない。
 外交上の土地と言うのは治外法権が認められて、麻布の日本にある中国大使館の敷地には日本人は一歩も入る事が出来ない訳であります。それは外交上、所有権が中国にある訳であります。名古屋や新潟が反対したのは、そこにある訳であります。
 もう一つ。皆さん考えて下さい。
 中国の北京でオリンピック大会がありました。我が国の長野県の松本では皆様方ご承知のように冬季オリンピックが開かれた。そこで中国は松本で一大聖火リレーの行事をするこういう事になった。
 あの時中国は「ウィグル地区を不法に占拠して、それは良くない!」こういう日本人の人がささやかに抗議の集会を長野県でしようと思った。中国は大動員をかけて日本に居る中国人を長野県に集めた訳であります。そして無抵抗な、ウィグル人を救おうとしている日本人に、白昼大きな中国の旗の付いた金属棒で殴り掛かってきました。その時は、日本は福田内閣でしたけれども指令が出ていたんでしょう。警官が我が日本人が中国人に殴られているのに、それを見ていて日本人の警察官は誰一人中に入って仲裁をしなかった。怪我をした人も沢山出た訳であります。
 先ほど治外法権と言う話を致しました。そして新潟県には民間の土地一万五千平米を領事館の為に中国は購入した。約五千坪になんなんとする広大な土地です。今中国から来て日本に滞在している人は52万人と言われてます。こういった人達が一旦緩急あった時に、中国の所有する治外法権の広大な土地に入ったら、治外法権で一切手出しをする事が出来ない訳であります。
 東京の麻布にある中国大使館も最近財務省の外郭団体の土地、約三千坪を購入しました。そう言った形で治外法権の国がその土地を持つと言う事は日本にとって大変大きな脅威になる訳であります。中国には既に法律が出来ていて国家安全法という法律が出来ています。それは中国に一旦緩急あった時は、全世界に居る中国人が武器を持って戦うと言う法律が出来ている。
 総合主義の話を致しましたけれども、彼らの所有権のある土地が日本中にどんどん増えて行ったら、中国が世界で孤立をして一旦緩急あるときに治外法権になってそこに武装した中国人が立てこもったら我々日本人は一切手出しをする事が出来ない訳であります。従って戦前の日本には領土法というのがありました。
日本は重視〓経済を競合しそして商取引も自由でありますけど、国の安全に関わる今申し上げたような土地売買というものは、慎重にやって行かなければならない訳でありまして、今日本と中国の間にはこの土地の問題が残っている訳でありまして、日本人の皆様方はこの問題に無感心でよく状況がお分かりになっていないと思う訳でありますけれども、我が国の安全と生存は日本人自らの手によって、軍国主義ではありませんけどお互いに守って行くと言う基本的な政策が大切だと思っております。
 たちあがれ日本という政党は、こういった日本の安全と生存を日本人の力で守って行かなければならないと言う考えで結党を致しました。そして我々が安心して豊かに暮らせるこの日本を作って行く為に、今後も努力を傾注して行かなければならないと信じている訳であります。
今日は新橋駅等でお忙しい中、こうしてお足をお止めいただきまして私どもの主張を聞いていただき心から御礼を申し上げる次第でございます。
皆様方、たちあがれ日本に絶大なご支援を賜ります事を衷心よりお願いを申し上げましてたちあがれ日本の代表平沼赳夫の演説を閉じさせていただきます。
ご清聴誠にありがとうございました。



※動画の音声から文字起こしをした為、聞き取れなかった音は〓文字に変換しております。
演説内容を忠実に再現するよう心がけておりますが、聞きこぼし、変換ミスなどの可能性はございます。
お時間あるときに、ご自身の目と耳で平沼赳夫氏の演説を視聴していただけたら幸いです。

※平沼赳夫氏関係者様、不適切な場合はご指摘下さい。




※「座り込み抗議100日」突破企画アンケート結果発表←こちらからご覧いただけます。

無料アクセス解析

 人気ブログランキングへ
■クリックありがとうございます


※「結果を見る」ボタンをクリックすると、アンケート結果をご覧いただけます



スポンサーサイト

コメント:

新潟中国大使館用地買収についてお願い

中国が新潟県庁近くに大使館用地として5000坪ほど土地購入したそうですが、なぜこのようなことを玄葉氏は許可したのか疑問に思います。ご存知のように中国は土地を売却しない国です。したがって日本もそういう国には売却するのではなく、賃貸が好ましいと思われます。しかも大使館用地とはマスコミが言っているだけで中国のほうではノーコメントと言っているそうだ。確かアメリカでも中国の大使館用地は賃貸だと聞いております。それに5000坪と言いますと不動産法でも開発行為か国土法にかかります。使用目的や使用方法なども書類で提出する必要があります。その点、よくご確認のうえ、出来ればこの契約は無効にすべきだと思います。中国というお国柄も考え慎重に、出来るだけ慎重にと、指導してやってください。それにしても民主党という政党は危険な政権です。 土岐喜一郎
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*写真展のブログはこちらからどうぞ

自動WEBサイト翻訳(多言語)

座り込み抗議の経緯と現在

2011年10月22日の夜、永田町民主党本部前にて男性一名が『日韓通貨スワップ5兆3600億円の金融支援』に対する抗議の座り込みを開始する。現在はリレー方式で、日にちが途切れる事なく抗議活動は継続されている。 民主党に対する座り込み抗議活動は徐々に広がり、各地で開始される。

<一般市民が民主党に対して、抗議活動を行っている地域>
東京、大阪、神奈川、埼玉、栃木、熊本、群馬、山梨、茨城、滋賀、広島、長野、山形、宮城、三重、千葉、合計16の都道府県

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込みの参加者について

座り込みの参加者は、ネットの掲示板を見て集まった一般市民の方々です。主催者はおらず、各自の責任の元、意思や主張を示す活動を行っておられます。

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込み現場に激励に来られた方々

■座り込み参加者の励みとなります。ありがとうございます。
【永田町民主党本部前】
・2012年01月24日、「頑張れ日本!」の水島社長から、座り込み現場用のTシャツと激励の言葉を頂戴する。
❖❖❖❖❖❖2012年01月29日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年02月02日、西田昌司議員から激励の言葉を頂戴する。
・2012年02月12日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年02月26日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月08日、『フジテレビデモに行ってみた!』の著者古谷ツネヒラさんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月11日、片山さつき議員が、現場に激励に来られました。
・2012年04月04日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年06月15日、荒川区議の小坂英二区議会議員が、現場に激励に来られました。
・2012年7月6日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年10月19日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
❖❖❖❖❖❖2012年10月20日、座り込み365日目(一年)をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年10月20日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年12月15日、キャスター・ジャーナリストの佐波優子さんが、現場に激励に来られました。



【民主党埼玉県総支部連合会前】
❖❖❖❖❖❖2012年03月13日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年03月15日、諸井真英議員(自民党所属埼玉県議会議員)が、現場に激励に来られました。
・2012年11月04日、小坂荒川区議会議員、三輪和雄さん、頑張れ日本!全国行動委員会の皆様から  激励をいただきました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスカウンター

『since 2011.11.12』

生主さんコミュニティリンク

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

※ブログの写真の取り扱いに付いて

リンク

QRコード

QR

人気ブログランキング


(since) 2011.12.01

プロフィール

あんそにぃ

Author:あんそにぃ
【わたくしのブログに、ご訪問ありがとうございます】
■座り込みに参加されている方々の写真を撮影し、記録としてブログに掲載しております。(個人ブログであり、公式ブログではありません)
※2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。

■霞ヶ関や永田町、一般個人主催のデモを撮影しております。
■気になる政党の街宣の様子を、撮影しております。
■ランキングアップのクリックをしていただいた皆様、拍手をクリックしていただいた皆様、ありがとうございます。
■このブログは、特定の政党や宗教、団体とは関係ございません。政治やマスコミなどに違和感を感じた事をきっかけに、自分の足で確かめようと始めました。日本が好きな一般市民です。

ブログポリシー

・このブログは、わたくしが撮影した現地の写真で構成しております。
・「ネトウヨ」と呼ばれている人々は、噂通りのネトウヨなのか?それとも保守なのか。報道されない真実を、カメラで記録したいと考えております。

※撮影対象者につきましては、顔が写り込まないよう注意をはらっております。個人を撮影の際は、ご本人様に写真の確認をしていただいております。不適切な場合はその場でデータを削除しております。

※現地に出向いた際は、撮影の許可をよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。