スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台にパンダはいらない!デモ行進

仙台にパンダはいらない!デモ行進

日時/2012年04月21日(土)13:00〜

集合/勝山公園(仙台市青葉区)

主催/仙台にパンダはいらない仙台市民と宮城県民の会

共催/頑張れ日本!全国行動委員会(田母神俊雄会長)





本日は天候にも恵まれ、デモ日和です。
集合場所へ到着すると、一際目立つ参加者がおりました。


0421_001.jpg

■パンダのコスプレは大人気で、周知目的としての着用は大成功です。



0421_002.jpg

■「パンダはチベットの動物です!」「中国はチベットを侵略し120万人を虐殺しました」
Tシャツには痛切なメッセージが書かれております。


0421_003.jpg

■このメッセージが事実である事を知らない日本人は、まだまだたくさんおります。



0421_004.jpg

■絶滅危惧種の野生動物の保護は、生息地である生態系の回復と保全が第一です。政治的な利用をしてはいけない動物なのです。


0421_005.jpg

■中国からパンダを貸与される事により、中国領事館建設の話が具体化する可能性が指摘されております。領事館は大使館同様の機能を有する、数万人規模の中国人の移住を可能とします。そして、領事館の敷地内は治外法権が適用されます。しかしながら多くの日本人は、治外法権の危険性などを身近な問題として認識しておりません。それは「マスコミが問題として、大きく取り上げない」事が一因でもあります。マスコミはパンダの貸与だけではなく、領事館建設や治外法権に付いても詳しく報道していただきたいものです。
現在仙台が必要としているものは、『住民の雇用の拡大や地元経済の活性化』であり、外国人の移住ではありません。

0421_008.jpg




0421_006.jpg

■伊達の幟旗と仙台七夕、チベット国旗、日本国旗など彩り鮮やかです。



0421_007.jpg

■青地に白の三日月と五角星を配した、東トルキスタン共和国の旗です。キョック・バイラックと呼ばれます。ウイグル支援者の間では新疆ウイグル自治区の独立を祈願する旗となっております。
(中華人民共和国の統治下にある新疆ウイグル自治区では、キョック・バイラックの掲揚は厳禁とされており、発覚した場合は旗を掲揚した罪で即座に逮捕され禁固刑などの実刑に処されます)


0421_009.jpg

■いよいよデモ行進開始です。参加人数は総勢100名程。


0421_010.jpg

■チベット国旗は雪山獅子旗とも称されます。旗正面の白い雪山の前面で、2頭のスノー・ライオン(唐獅子)が3つの宝石を支えております。
■チベット国旗の奥に見えるのは台湾旗です。世界台湾人大会旗とも呼ばれることもあり、現在は将来の台湾国旗とすることを目的として用いられます。


0421_011.jpg

■沿道や車内の人々からの反応も良く、拍手や「頑張れ!」など声援をいただきました。


0421_0001.jpg




0421_013.jpg




0421_012.jpg




0421_014.jpg




0421_015.jpg




0421_016.jpg

■「パンダいらない」シンブルなプラカードが目を引きます。


0421_017.jpg

■「支那による日本侵略断固阻止」「パンダはチベットの動物シナ共産党の横暴許さない」
「Free Tibet」「Free Uyghur」「Free Mongolia」
傘に貼られたメッセージには、中国に関わる様々な問題点が掲示されておりました。


0421_0002.jpg

■終点に到着、3Kmもの大行進が終了致しました。主催者の皆様、参加者の皆様お疲れさまです。




『仙台市では、被災者を癒やして経済効果も期待できるとして、中国からパンダを借り受ける準備を進めていますが、これに反対する市民らが抗議活動を行いました。』〜テレビ朝日からの引用〜

テレビ朝日では全国ニュースで報道されましたが、一般向けにはこのような表現でした。
何故反対デモが行われているのか明確な内容も裏付けも無く、感覚的な内容であったのが非常に残念でした。


チベット国旗東トルキスタン共和国の旗が何故このデモで掲げられていたのか、パンダはチベットの動物である事、パンダ貸与に関わる見えていない部分とは何か、このデモを始まりとし展望が開かれ、多くの日本人に周知されるよう願います。




今後も「仙台にパンダはいらない!まとめブログ」は継続されるとの事です。
微力ながら応援し続けたいと思います。

皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。




無料アクセス解析

 人気ブログランキングへ
■クリック支援ありがとうございます
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*写真展のブログはこちらからどうぞ

自動WEBサイト翻訳(多言語)

座り込み抗議の経緯と現在

2011年10月22日の夜、永田町民主党本部前にて男性一名が『日韓通貨スワップ5兆3600億円の金融支援』に対する抗議の座り込みを開始する。現在はリレー方式で、日にちが途切れる事なく抗議活動は継続されている。 民主党に対する座り込み抗議活動は徐々に広がり、各地で開始される。

<一般市民が民主党に対して、抗議活動を行っている地域>
東京、大阪、神奈川、埼玉、栃木、熊本、群馬、山梨、茨城、滋賀、広島、長野、山形、宮城、三重、千葉、合計16の都道府県

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込みの参加者について

座り込みの参加者は、ネットの掲示板を見て集まった一般市民の方々です。主催者はおらず、各自の責任の元、意思や主張を示す活動を行っておられます。

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込み現場に激励に来られた方々

■座り込み参加者の励みとなります。ありがとうございます。
【永田町民主党本部前】
・2012年01月24日、「頑張れ日本!」の水島社長から、座り込み現場用のTシャツと激励の言葉を頂戴する。
❖❖❖❖❖❖2012年01月29日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年02月02日、西田昌司議員から激励の言葉を頂戴する。
・2012年02月12日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年02月26日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月08日、『フジテレビデモに行ってみた!』の著者古谷ツネヒラさんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月11日、片山さつき議員が、現場に激励に来られました。
・2012年04月04日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年06月15日、荒川区議の小坂英二区議会議員が、現場に激励に来られました。
・2012年7月6日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年10月19日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
❖❖❖❖❖❖2012年10月20日、座り込み365日目(一年)をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年10月20日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年12月15日、キャスター・ジャーナリストの佐波優子さんが、現場に激励に来られました。



【民主党埼玉県総支部連合会前】
❖❖❖❖❖❖2012年03月13日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年03月15日、諸井真英議員(自民党所属埼玉県議会議員)が、現場に激励に来られました。
・2012年11月04日、小坂荒川区議会議員、三輪和雄さん、頑張れ日本!全国行動委員会の皆様から  激励をいただきました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスカウンター

『since 2011.11.12』

生主さんコミュニティリンク

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

※ブログの写真の取り扱いに付いて

リンク

QRコード

QR

人気ブログランキング


(since) 2011.12.01

プロフィール

あんそにぃ

Author:あんそにぃ
【わたくしのブログに、ご訪問ありがとうございます】
■座り込みに参加されている方々の写真を撮影し、記録としてブログに掲載しております。(個人ブログであり、公式ブログではありません)
※2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。

■霞ヶ関や永田町、一般個人主催のデモを撮影しております。
■気になる政党の街宣の様子を、撮影しております。
■ランキングアップのクリックをしていただいた皆様、拍手をクリックしていただいた皆様、ありがとうございます。
■このブログは、特定の政党や宗教、団体とは関係ございません。政治やマスコミなどに違和感を感じた事をきっかけに、自分の足で確かめようと始めました。日本が好きな一般市民です。

ブログポリシー

・このブログは、わたくしが撮影した現地の写真で構成しております。
・「ネトウヨ」と呼ばれている人々は、噂通りのネトウヨなのか?それとも保守なのか。報道されない真実を、カメラで記録したいと考えております。

※撮影対象者につきましては、顔が写り込まないよう注意をはらっております。個人を撮影の際は、ご本人様に写真の確認をしていただいております。不適切な場合はその場でデータを削除しております。

※現地に出向いた際は、撮影の許可をよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。