スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由民主党前にて、30

2012.07.21 15:16|一人の怒れる日本人
2012年7月20日に行われた『激励の人』自民党への激励街宣を掲載致します。



■2012年7月20日
本日も民主党本部前の座り込みの前に自民党本部前に行ってまいりました。街宣の部分は1:05あたりから始まります。
【You Tube】より引用








自民党の皆さん、こんばんは。夕方にちょっとお騒がせいたします­けれども、5分程度ですのでご近隣の皆様もどうかご容赦下さい。­私は毎日ですね、民主党に対して抗議するために仲間達とですね、­民主党本部前で座り込みの抗議を続けております。去年の10月か­ら始めまして今日で273日連続なんですけれども。そのへんの効­果が現れたのかどうか分かりませんが、もう民主党政権は断末魔の­状況になってきてます。それは非常にいいんですけれども、こうい­う状況になって初めてですね、自民党さんの、野党である自民党さ­んの役割が非常に大きいという状況になってきてます。ですのでね­、自民党さんが手をゆるめることなく民主党政権を一刻も早くね、­打倒していただきたいと、そのために手をゆるめるなと、いうこと­をですね、どうしても伝えたくて毎日ここに来ております。

自民党さんもね、戦後60年間以上ほとんどの部分をね、政権担っ­てきたわけで、まあそのお陰でね、今の日本の状況があると。良い­ところも悪いところも含めて今の状況があると思っております。概­ね日本の治安も経済も他国と比べれば、かなり良い方です。概ね合­格点を与えられるような政治を自民党さんは行ってきたこられたん­だと思います。ただね、この3年間は民主党が政権を担って、さて­日本はどうでしょう?この3年間で民主党政権で、果たしていいこ­とあったでしょうか?マニフェストはまったく守られずに、なぜか­マニフェストに書いてないことに政治生命をかけておられる野田総­理、こういう状況を、自民党さん、許していてはいけませんよ。こ­れでは共犯のそしりを免れませんよ。三党合意を梃子にね、大連立­っていう話もポロポロ聞こえてくるんですけども、そういったこと­は国民は一切、望んでいませんからね。そんなことをしたら自民党­さんは民主党が行った失敗のツケを一緒に払わされるはめになりま­すよ。

ここは一線を画して民主党に対してしっかりと、こういうところは­マズいよ、こういうところは直せ、直せないのであれば自分が取っ­て代わるということで衆議院の解散・総選挙に追い込むようにして­下さい。どう考えてもね、民主党にはもう政権担当能力ないですよ­。じゃあ、それに代わって政権担当をする能力がある党があるかと­言えば、さしあたっては自民党さん以外ないでしょ?だからしっか­りしてほしいんですよ。3年間の野党暮らしで、もうすっかりね、­三党の大連立で与党になりたいというような考えを持たれている方­もいらっしゃるかもしれませんけど、もう総選挙近いですから、次­も民主党政権であるということは、まずあり得ませんので、頑張っ­て自民党さん、政権奪還してください。

そのためにね、もう先日来からしつこく言ってますけど、自民党さ­んが候補立ててない地区、30以上あるようですので、これ一刻も­早く候補を擁立するように汗をかいて下さい。我々、国民もね、選­挙になれば投票という形で応援させていただきますので。ぜひ、こ­の国を良い国にしていきましょう。そのためには今の民主党政権じ­ゃダメなんですよ。一刻も早く解散・総選挙して、自民党さん、早­く政権奪還してください。よろしくお願いします。

今日は以上です。雨の中、機動隊の皆さん、警備お疲れ様です。ご­協力、ありがとうございました。





この青年の行動をどう受け取るかは人によって様々でしょう。
ですが動画の中で発言している現在の政局に対する青年の言葉は、日本国民が抱いている思いと同じではないでしょうか。

この動画を見て共感していただいた方にお願いがあります。
「最近の永田町はこんな出来事があるんですよ〜」「国会で行われている協議などで変な妥協をして、民主党政権を延命さない­よう自民党を毎日激励スピーチしている激励の方がいるんだよ〜」と、さりげなくこの動画を会社の同僚、ご友人などに拡散していただけないでしょうか。

テレビや新聞などで報じられない現在の日本を、ネットをあまりやらない人達、動画を見ない人達にも拡散して行きましょう。私たちに出来る事はまだあるはずです。

どうぞ宜しくお願い致します。







無料アクセス解析

 人気ブログランキングへ
■クリック支援ありがとうございます



※「結果を見る」ボタンをクリックすると、アンケート結果をご覧いただけます

スポンサーサイト
05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*写真展のブログはこちらからどうぞ

自動WEBサイト翻訳(多言語)

座り込み抗議の経緯と現在

2011年10月22日の夜、永田町民主党本部前にて男性一名が『日韓通貨スワップ5兆3600億円の金融支援』に対する抗議の座り込みを開始する。現在はリレー方式で、日にちが途切れる事なく抗議活動は継続されている。 民主党に対する座り込み抗議活動は徐々に広がり、各地で開始される。

<一般市民が民主党に対して、抗議活動を行っている地域>
東京、大阪、神奈川、埼玉、栃木、熊本、群馬、山梨、茨城、滋賀、広島、長野、山形、宮城、三重、千葉、合計16の都道府県

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込みの参加者について

座り込みの参加者は、ネットの掲示板を見て集まった一般市民の方々です。主催者はおらず、各自の責任の元、意思や主張を示す活動を行っておられます。

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込み現場に激励に来られた方々

■座り込み参加者の励みとなります。ありがとうございます。
【永田町民主党本部前】
・2012年01月24日、「頑張れ日本!」の水島社長から、座り込み現場用のTシャツと激励の言葉を頂戴する。
❖❖❖❖❖❖2012年01月29日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年02月02日、西田昌司議員から激励の言葉を頂戴する。
・2012年02月12日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年02月26日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月08日、『フジテレビデモに行ってみた!』の著者古谷ツネヒラさんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月11日、片山さつき議員が、現場に激励に来られました。
・2012年04月04日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年06月15日、荒川区議の小坂英二区議会議員が、現場に激励に来られました。
・2012年7月6日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年10月19日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
❖❖❖❖❖❖2012年10月20日、座り込み365日目(一年)をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年10月20日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年12月15日、キャスター・ジャーナリストの佐波優子さんが、現場に激励に来られました。



【民主党埼玉県総支部連合会前】
❖❖❖❖❖❖2012年03月13日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年03月15日、諸井真英議員(自民党所属埼玉県議会議員)が、現場に激励に来られました。
・2012年11月04日、小坂荒川区議会議員、三輪和雄さん、頑張れ日本!全国行動委員会の皆様から  激励をいただきました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスカウンター

『since 2011.11.12』

生主さんコミュニティリンク

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

※ブログの写真の取り扱いに付いて

リンク

QRコード

QR

人気ブログランキング


(since) 2011.12.01

プロフィール

あんそにぃ

Author:あんそにぃ
【わたくしのブログに、ご訪問ありがとうございます】
■座り込みに参加されている方々の写真を撮影し、記録としてブログに掲載しております。(個人ブログであり、公式ブログではありません)
※2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。

■霞ヶ関や永田町、一般個人主催のデモを撮影しております。
■気になる政党の街宣の様子を、撮影しております。
■ランキングアップのクリックをしていただいた皆様、拍手をクリックしていただいた皆様、ありがとうございます。
■このブログは、特定の政党や宗教、団体とは関係ございません。政治やマスコミなどに違和感を感じた事をきっかけに、自分の足で確かめようと始めました。日本が好きな一般市民です。

ブログポリシー

・このブログは、わたくしが撮影した現地の写真で構成しております。
・「ネトウヨ」と呼ばれている人々は、噂通りのネトウヨなのか?それとも保守なのか。報道されない真実を、カメラで記録したいと考えております。

※撮影対象者につきましては、顔が写り込まないよう注意をはらっております。個人を撮影の際は、ご本人様に写真の確認をしていただいております。不適切な場合はその場でデータを削除しております。

※現地に出向いた際は、撮影の許可をよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。