スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由民主党前にて、41、42

2012.08.04 18:29|一人の怒れる日本人
2012年8月02日に行われた『激励の人』自民党への激励街宣を掲載致します。



■2012年8月02日
本日も民主党本部前の座り込みの前に自民党本部前に行ってまいりました。街宣の部分は0:08あたりから始まります
【You Tube】より引用








自由民主党さん、こんばんは。私は毎日ですね、永田町の方にやっ­て参りまして、民主党政権に対して抗議するために民主党本部前で­毎日、座り込みをしている者です。それでですね、自民党さんの方­にも毎日、その座り込みの前に伺うようにしておりまして5分程度­ですけれどもね、ぜひ頑張っていただきたいという思いを込めて激­励街宣ということを、ここ2ヶ月くらいですかね、させていただい­ております。

とにかくね、民主党に関しては、もう酷い政治を行っているので、­これに抗議するのは当然のことなんですけれども、まあ一方でね、­自民党さんがどれぐらい頑張っていただけるかによって民主党の残­りの命脈ですね、残りの運命決まってきますので、ぜひ気合い入れ­て頑張っていただきたいんですよ。この3年間の政治振り返ればね­、もう、ろくな事がなかった。これはね、ひとえに民主党の責任で­すし、まあそれにね、民主党に票を投じた国民の責任ということで­もあると思うんですけども、一方でね、3年間も民主党政権を続け­させてしまった、そのことに関してはね自民党さんも野党として、­まあ力量不足もあるんじゃないのかと、そういう意味では責任の一­端はあるだろうと思います。まあ、こんなに長いね、野党経験とい­うのは自民党さんも初めてのことですから、まあ色々難しい面もあ­ったんだと思いますけど、こういうね、野党暮らしをもう二度とし­たくないと、一刻も早く与党に戻ってまともな政治を行っていただ­きたいと私は思ってますので、そのためにも一刻も早い解散をお願­いします。

どうもね、自民党さんの行動を見てると、ちょっとよく分かりづら­いんですよね。問責決議とか内閣不信任案を出すという話もちらほ­ら出てますけど、出すんならサッサとね、出していただきたい。そ­のね、障壁になってるのが消費税増税の三党合意なんだろうと思い­ますけど、これをね、三党合意を誠実に実行した後で問責決議なり­内閣不信任案を出そうという作戦なんでしょうけど、方針なんでし­ょうけどね、まあそれを見越してか、民主党のバカどもは採決しま­せん。採決を遅らせてますよね。それにつき合う形で、まあ自民党­さんはね、民主党に対して早く採決を行うように促してますけど、­もうそろそろね、見切っちゃってもいいんじゃないですか?あの人­達、もうね自分達のことしか考えてませんからね、民主党は。

採決すれば、まあ問責決議出るっていうのもありますし、消費税増­税に関してはね、反対の人が民主党内にも居ますから、採決を行え­ば、また党分裂してしまって、何かの拍子でね、少数与党になっち­ゃうかもしれないと。要するに彼らの考えているのは、もう党利党­略でしかないんですよ。自分の保身のことしか頭に無い、もうそん­な奴らのことはサッサと切り捨てて解散・総選挙してくださいよ。­今日もね、新聞で見ましたけど、小泉進次郎議員がね、小泉進次郎­議員を中心とした青年局の議員が、私が言っていたような、要する­に消費税増税を遅らせるようであれば、サッサと解散に持ち込めと­いうことをおっしゃってましたよ。私、個人的には小泉議員はあん­まり好きじゃないですけど、でもね、言ってることは正に正論です­よ。あと麻生元総理大臣もね、同様の趣旨のことをおっしゃってお­られたと思います。もうそろそろね、民主党につき合うのはいいん­じゃないですか?ハッキリ言って分かりづらいですから、国民はね­、なかなか支持しづらいんですよ、自民党さんの行動を。ハッキリ­と、もう対立するっていうことで、ぜひね、国会を対応していただ­きたい。

自民党さん、一応野党なんですからね、民主党に協力する必要ない­んですよ。もし必要な、どうしても国民に必要なものであれば協力­すべきでしょうけど、今みたいにね、野田政権の延命に手を貸すだ­けの存在であるなら自民党さん、存在価値ないですよ。とにかくね­、一刻も早く解散・総選挙に追い込んでいただきたい。そしてね、­大連立とかいうことも考えないでいただきたい。民主党が、また政­権に留まるような結果になるようであれば、投票自体がまったく意­味がなくなっちゃうじゃないですか。この3年間でね、国民はもう­民主党にお灸を据えたいんですよ。それでね、投票行動したのに大­連立として与党に残るということになってしまったら、もう国民の­落胆は測り知れませんよ。ぜひ、そのへんもね、注意してください­。国民の意志は、まあできれば自民党の単独の与党、まあ悪くても­自公の連立で何とか過半数取っていただきたい。そして民主党は、­ちょっと当分ね、いや当分どころじゃなくて、もう二度と再起でき­なくなるぐらいにね、叩き落としてほしいんですよ。もう、ろくな­奴らじゃないですから。そういう、それぐらいの気合いで、ぜひお­願いします。

それからね、空白の選挙区、自民党さんが居ない選挙区ね、これも­なるべく早く埋めていただいて、来たるべき総選挙に備えてくださ­い。私が言う事じゃないかもしれないですけど、30もね、空白の­選挙区があったら心配になっちゃいますよ。ぜひ、その点もお考え­いただいて候補者をどんどん擁立してください。口で言うほどね、­簡単じゃないのは分かりますけど、解散・総選挙ね、現実としても­う近づいてますので、ぜそのへんお願いします。

今日は以上になります。夕方の時間、大変お騒がせいたしました。­機動隊の皆さん、警備の皆さん、いつも自民党の警備、大変お疲れ­様です。ご協力、ありがとうございました。









■2012年8月03日
本日も民主党本部前の座り込みの前に自民党本部前に行ってまいりました。街宣の部分は0:08あたりから始まります
【You Tube】より引用








自由民主党さん、こんばんは。いつも大変この時間にお騒がせして­申し訳ございません。5分程度で終了いたしますので、多少うるさ­いけれども、うるさくしますけれども、ぜひご容赦ください。私は­ですね、民主党の政治に対して、もうこのままじゃいけないだろう­ということで毎日ですね、民主党の本部前で座り込みをしてます。­それで、もう9ヶ月以上ね、座り込みしてるんですけども、まあ民­主党はね、ようやく、ようやくまあ何となくもうそろそろ終わりか­なって感じになってきてます。それでね、民主党自体の動きもさる­ことながら自民党さんがね、どういう動きをしてくださるか、それ­によって、まあ民主党政権の行く末が決まると。ひいてはこの先の­日本の行く末も決まっていくということだと思います。ですのでね­、ぜひ自民党さんに舵取りを間違えないように、ぜひしっかりやっ­ていただきたいなという趣旨で、激励という形で、街宣させていた­だいております。毎日5分程度ですので、ぜひご容赦ください。

それですね、今、国会の方も内閣不信任案を出すという話と、これ­は自民党、公明党以外のね、野党で出すという話と、それから8月­の8日までに三党合意した消費税増税法案が参議院で採決というこ­とにならなければ自民党さんの方でも問責決議を出すというふうに­なってますね。だいぶ民主党を追いつめるような形になってきてる­んで、まあそれは非常に喜ばしいことです。ただね、やっぱりね、­どうもね、スッキリしない。スッキリしない理由はね、やっぱり三­党合意なんですよね。私、本日ね、昨日ですかね、行われた谷垣総­裁の記者会見、拝見いたしましたけれども、印象に残った言葉がね­、非常に大きなジレンマに悩んでらっしゃるということも谷垣総裁­自らおっしゃられてました。三党合意ということでね、自民党、公­明党、民主党で消費税増税法案を仕上げると、ここだけは、まあ協­力するわけですよね。だけど、民主党の政権自体は、これもやっぱ­り否定していくということですので、まあね、言ってみればアクセ­ル踏みながらブレーキ踏むような、そういうね、難しい舵取りなん­だと思います。

もう他の野党はね、三党合意結んでなくて消費税増税法案反対の野­党は、まあひたすらね、民主党に反対していればいいので、そうい­ったジレンマ無いんでしょうけど。まあそういう意味ではね、谷垣­総裁のジレンマ、私もよく分かります。分かりますのでね、もう、­そのジレンマの元になってるね、三党合意ってものを、もう破棄さ­れてしまったらどうなんでしょうかね。党内でもね、小泉進次郎議­員やベテランの麻生元総理大臣も、そういったような意見をね、さ­れてるようですし、そろそろ三党合意もね、ただの足枷にしか過ぎ­なくなってるんじゃないですかね。ハッキリ言ってね、消費税増税­法案も、ちょっと無理でしょう。なのでね、民主党と一緒にヤケド­する必要ないですよ、自民党さん。サッサと三党合意を破棄して内­閣不信任案出すなり、問責決議案出すなりして、民主党をサッサと­追い込んでください。

昨日のね、会見で、もうひとつ印象的だったのがね、谷垣総裁ふだ­んはね、温厚な谷垣総裁が、喧嘩売ってるのかと、俺に喧嘩を売っ­ているのかという気持ちを正直持ってるとおっしゃってましたよ。­もうね、喧嘩売られてるんですよ。民主党の奴らね、バカだから、­ちょっとね、協力してあげると調子に乗って、消費税増税法案まだ­成立もしてないのに今度は特例公債法案だとか予算も自分達でやり­たいとかね。そんなもんね、自民党さん、公明党さんがね、協力し­なきゃできないんですよ。それで調子に乗ってね。だから知らしめ­てやってください。民主党には統治能力ないですから。参議院の方­でね、44ページに渡る民主党の今までの不作為をまとめたPDF­ありますけど、あれちょっと読んだだけでもね、もう民主党いかに­メチャクチャなことやってるか、よく分かります。

ただね、残念なのはちょっとね、玄人向けなんですよね。マスコミ­も全然、報じてくれませんし、そういう意味ではね、自民党さん相­当がんばらなきゃいけないと思いますけど、ここはね、ひとつ腹括­って、三党合意はどうも民主党の誠実さが足りない、成立させるつ­もりがまるで無いんだろうという判断をしたということで、もう三­党合意も破棄しちゃってください。その上で民主党を追い込むべく­問責決議出すなり、内閣不信任案出すなりして衆議院の解散してく­ださいよ。我々も早くね、投票したいんですよ。民主党に、お前ら­ふざけるなというのを突きつけたいんですよね。ですから、ぜひな­るべく早くね、衆議院の解散をお願いします。

それでね、その際にまだね、候補が立ってない選挙区がかなりある­ようですので、これに関してもなるべく早く候補者を擁立して選挙­の準備を万端にして臨むようにしてください。自民党さんはね、定­年制しちゃいましたから、長い間その選挙区でやられてた先生がね­、議員の先生が定年で居なくなられるということで、まあそれなり­に混乱するんだと思いますけど、そこはね、あんまり時間ない中で­、ない中ですけども、しっかりやっていただくしかないだろうと思­います。そういった面もね、ぜひ頑張っていただきたいので、ぜひ­国民の期待に応えるべく、自民党さん、しっかりやってください。­我々も選挙になれば投票という形で応援させていただきますので、­ぜひよろしくお願いします。ホントにね、問責決議とか不信任案と­か期待してますよ。なるべく早く解散に追い込んでください。

今日は以上です。夕方の時間、大変お騒がせいたしました。機動隊­の皆さん、警備の皆さん、いつも自民党の警備、疲れ様です。ご協­力、ありがとうございました。







この青年の行動をどう受け取るかは人によって様々でしょう。
ですが動画の中で発言している現在の政局に対する青年の言葉は、日本国民が抱いている思いと同じではないでしょうか。

この動画を見て共感していただいた方にお願いがあります。
「最近の永田町はこんな出来事があるんですよ〜」「国会で行われている協議などで変な妥協をして、民主党政権を延命さない­よう自民党を毎日激励スピーチしている激励の方がいるんだよ〜」と、さりげなくこの動画を会社の同僚、ご友人などに拡散していただけないでしょうか。

テレビや新聞などで報じられない現在の日本を、ネットをあまりやらない人達、動画を見ない人達にも拡散して行きましょう。私たちに出来る事はまだあるはずです。

どうぞ宜しくお願い致します。







無料アクセス解析

 人気ブログランキングへ
■クリック支援ありがとうございます



※「結果を見る」ボタンをクリックすると、アンケート結果をご覧いただけます

スポンサーサイト
09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*写真展のブログはこちらからどうぞ

自動WEBサイト翻訳(多言語)

座り込み抗議の経緯と現在

2011年10月22日の夜、永田町民主党本部前にて男性一名が『日韓通貨スワップ5兆3600億円の金融支援』に対する抗議の座り込みを開始する。現在はリレー方式で、日にちが途切れる事なく抗議活動は継続されている。 民主党に対する座り込み抗議活動は徐々に広がり、各地で開始される。

<一般市民が民主党に対して、抗議活動を行っている地域>
東京、大阪、神奈川、埼玉、栃木、熊本、群馬、山梨、茨城、滋賀、広島、長野、山形、宮城、三重、千葉、合計16の都道府県

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込みの参加者について

座り込みの参加者は、ネットの掲示板を見て集まった一般市民の方々です。主催者はおらず、各自の責任の元、意思や主張を示す活動を行っておられます。

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込み現場に激励に来られた方々

■座り込み参加者の励みとなります。ありがとうございます。
【永田町民主党本部前】
・2012年01月24日、「頑張れ日本!」の水島社長から、座り込み現場用のTシャツと激励の言葉を頂戴する。
❖❖❖❖❖❖2012年01月29日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年02月02日、西田昌司議員から激励の言葉を頂戴する。
・2012年02月12日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年02月26日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月08日、『フジテレビデモに行ってみた!』の著者古谷ツネヒラさんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月11日、片山さつき議員が、現場に激励に来られました。
・2012年04月04日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年06月15日、荒川区議の小坂英二区議会議員が、現場に激励に来られました。
・2012年7月6日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年10月19日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
❖❖❖❖❖❖2012年10月20日、座り込み365日目(一年)をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年10月20日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年12月15日、キャスター・ジャーナリストの佐波優子さんが、現場に激励に来られました。



【民主党埼玉県総支部連合会前】
❖❖❖❖❖❖2012年03月13日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年03月15日、諸井真英議員(自民党所属埼玉県議会議員)が、現場に激励に来られました。
・2012年11月04日、小坂荒川区議会議員、三輪和雄さん、頑張れ日本!全国行動委員会の皆様から  激励をいただきました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスカウンター

『since 2011.11.12』

生主さんコミュニティリンク

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

※ブログの写真の取り扱いに付いて

リンク

QRコード

QR

人気ブログランキング


(since) 2011.12.01

プロフィール

あんそにぃ

Author:あんそにぃ
【わたくしのブログに、ご訪問ありがとうございます】
■座り込みに参加されている方々の写真を撮影し、記録としてブログに掲載しております。(個人ブログであり、公式ブログではありません)
※2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。

■霞ヶ関や永田町、一般個人主催のデモを撮影しております。
■気になる政党の街宣の様子を、撮影しております。
■ランキングアップのクリックをしていただいた皆様、拍手をクリックしていただいた皆様、ありがとうございます。
■このブログは、特定の政党や宗教、団体とは関係ございません。政治やマスコミなどに違和感を感じた事をきっかけに、自分の足で確かめようと始めました。日本が好きな一般市民です。

ブログポリシー

・このブログは、わたくしが撮影した現地の写真で構成しております。
・「ネトウヨ」と呼ばれている人々は、噂通りのネトウヨなのか?それとも保守なのか。報道されない真実を、カメラで記録したいと考えております。

※撮影対象者につきましては、顔が写り込まないよう注意をはらっております。個人を撮影の際は、ご本人様に写真の確認をしていただいております。不適切な場合はその場でデータを削除しております。

※現地に出向いた際は、撮影の許可をよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。