スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由民主党前にて、61、62

2012.08.31 10:41|一人の怒れる日本人
2012年8月27日、29日に行われた『激励の人』自民党への激励街宣を掲載致します。



■2012年8月27日
本日も民主党本部前の座り込みの前に自民党本部前に行ってまいりました。街宣の部分は0:20あたりから始まります。【You Tube】より引用







自由民主党さん、こんばんは。私はですね、民主党に対して強い不­満を持っておりまして、毎日ですね、永田町の方にやって参りまし­て、座り込みの抗議をしている者です。民主党に対してね、抗議す­るということと平行してですね、自民党さんに対してですね、民主­党を早く倒してほしいと、それからその倒した後ですね、しっかり­と政権運営をしていただきたいということをですね、お願いしたく­て、こちらの方にほぼ毎日ですね、来させていただいております。­だいたいね、まあ5分程度ですので、まあ多少ね、うるさくなるか­もしれませんけど、5分程度ですので、その間どうかご容赦くださ­い。

まあ、政局もですね、一応だんだん煮詰まってまいりまして29日­ですね、問責決議を出されるということで谷垣総裁もそちらの方向­で調整いただいているということですので、それに関してね、非常­に期待しておりますので、ぜひしっかりやっていただきたいです。­ちょっと前のね、不信任案の騒動の時にね、あの時にケリをつけて­いただければ一番よかったんですけども、まあまあ取りあえずです­ね、今の段階では、まあ民主党政権をですね、早く終わらせるには­、まあこのタイミングで問責決議を出すというのがオプションのひ­とつとしてね、有効であることは間違いないと思います。ですので­、これをきっちりやっていただいて、まあそれでですね、マスコミ­なんかがね、問責決議を出すと全ての審議、たぶん止まっちゃいま­すよね、ですので、まあマスコミがね、特例公債法案だとか定数是­正ですね、これについて自民党が応じないということで非難の論調­が高まるかもしれませんけれども、もうね、マスコミは無視してく­ださい。もうはっきり言ってね、そのへんを飛び回ってるハエだと­思って、まあブンブンうるさいけど、もう黙ってろということでい­いと思いますよ。

もうね、日本のマスコミはハッキリ言って報道機関としての名に値­しない、そういったものに成り下がってしまいましたのでね。まあ­、その名前に値する期間があったのかどうかというのは、まあ別の­問題として、少なくともね、今のマスコミは、彼らの言う逆をやっ­ていれば上手くいくんじゃないかっていうぐらいにね、もう頓珍漢­ですから。今回の韓国との関係においても大人の対応をしろという­ことしか言いません。もう何十年も前から同じこと言ってますね。­で、その結果が韓国の大統領の竹島上陸なわけですよ。不法上陸で­すね。これ以上、大人の対応をしていたら竹島盗られちゃいますし­、尖閣も盗られちゃいますし、北方領土も盗られちゃいますよ。物­事にはね、限度というものがあるので、ここらで、まあしっかり日­本もね、いつまでも譲歩しているわけにはいかないんだということ­をしっかり見せるべきなんですよ。で、それをね、実行するのが政­府ですし、それをね、しっかりやれと叱咤激励するのがマスコミの­はずなんですけど、なぜかこの国はね、政府はだらしないですし、­マスコミはなぜか日本に対して譲歩することしか報じません。

だとしたらね、まあ自民党さん損な役割かもしれませんけれども、­ここは自民党さんが悪役になって、悪役になってでもですね、政権­を取り返して、まともな政権を作って、まともな政治を運営するし­かないじゃないですか。このまま日本の領土を取られていいとは誰­も思ってませんよ。だからね、この時に、まあ期待できるのが自民­党さんぐらいしかないので、私もね、まあ半ば渋々ですよ、応援し­に来ているわけです。別にね、自民党さん大好きだから応援してる­わけじゃないですよ。唯一、まあ、まともにやってくれそうだなと­思ってるのでね、まあ頑張ってほしいと、国民のためにぜひね、頑­張ってほしいという趣旨で話をさせていただいてます。ぜひね、民­主党を早く追い込んで国民がね、安心して暮らせるような政権を早­く作ってください。列島強靱化も行ってもらって、それでね、うま­くいけばデフレも脱却できますし、国民の命を守るインフラも整備­されて、何か大きな災害があった時にも、そのおかげで助かる人も­出てくるでしょう。そういったことをね、ぜひやってください。も­う民主党は「コンクリートから人へ」と言っているので公共事業で­きないんですよ。

彼らがね、その過ちに気づいたとしても「コンクリートから人へ」­というスローガンで政権を取ってしまった以上ね、もう公共事業は­できませんよね。だから、もう政権交代するしかないっていうね、­シンプルな話です。ぜひね、自民党さんね、まあ政権を取ると、政­権を握って運営をしていくということはなかなかね、批判もあるし­厳しいことだと思いますけど、まあね、以前とは違ってね、保守的­な人も増えてますのでね。ネットなんかで情報、集めて、どうもマ­スコミなんかが報じていた情報は嘘だったということでね、騙され­ていたということに気づいてドンドン愛国の人が増えてますので、­今までとは違います。自民党さんがね、まともに日本の国を守ろう­と、良くしようということを行うときに、それを応援してくれる人­が以前よりもドンドン増えてますのでね、そのへんは勇気を持って­やっていただけると助かります。私もね、ただの一国民です。今日­も仕事を終えてね、やって来ました。こんな人間がね、増えてるん­ですよ。

民主党の座り込みの前にも、毎日ね、10人ぐらい人が居ますし、­彼らもどこかの政治団体に属しているわけでもありません。今日も­ね、夕方の5時から明日の5時まで24時間の座り込みしようとい­う人間も居ます。まあ、そういうね、一文の得にもならないことを­、まあ日本の国のためになることであれば、やってやろうという人­間、増えてますので、ぜひね、そのへんをお汲みいただいて自民党­さんの立場でね、しっかりと役割を果たしていただけると幸いです­。まあ、言いたいことはたくさんありますけれども、とにかく頑張­ってください。我々もね、やれることをしっかりやろうと思います­。

夜のね、もう日もすっかり日も暮れた夜の時間にお騒がせいたしま­したけれども、私からは以上です。機動隊の皆さん、警備の皆さん­、いつも自民党の警備、大変お疲れ様です。ご協力、ありがとうご­ざいました。









■2012年8月29日
本日も民主党本部前の座り込みの前に自民党本部前に行ってまいりました。街宣の部分は0:45あたりから始まります。【You Tube】より引用







自由民主党さん、こんばんは。私はですね、毎日、永田町の方にや­って参りまして、民主党に対する抗議の座り込みをしている者です­。それでですね、民主党の抗議に対して、自民党さんに対してはね­、まあ民主党を倒すためということですので、頑張ってほしいと、­いうことで激励の街宣を5分程度ですけれども、この場所でほぼ毎­日ね、やらせいただいております。とにかくね、自民党さんに頑張­ってもらわないと我々のね、国民の生活が大変なことになってしま­うので。今日ね、参議院の方で問責決議、出されまして、可決され­たのかどうかね、ちょっと今の段階では私、最新情報を知らないん­で、分かりませんけれども、とにかくね参議院で問責決議を出して­いただきまして、まあこれはホントによくやっていただきました。­ありがとうございます。とにかくね、民主党をブッ倒すということ­を何か一つでもね、手立てがあれば何でもやっていただきたい。一­瞬でも早くね、民主党政権を終わらせていただきたい。

もうホントにそれだけです。そのための手立てがひとつはね、問責­決議を出すということと、不信任案をもう一回、国会に出しちゃっ­てもいいと思います。民主党はね、全部ルール無視ですから、不信­任案もね、一回の国会で二回出すというのはイカンということにな­ってますけど、これもね、法律ではなく慣例ですので。もうハッキ­リ言って日本は非常事態ですから。民主党政権をいかに早く引きず­り降ろすかということがいかにね、尖閣や竹島や北方領土を守るか­ということとつながってます。まさに直結してると思いますのでね­。今の民主党政権が続く限りは領土は危機に瀕し続けるでしょう。­自民党さんもね、ハッキリ言って領土問題は自民党さんの過去の遺­産ということもありますから、今度こそ与党になったらしっかりと­ね、領土問題を解決していただきたいです。でね、過去の問題も、­これもぜんぶ解決しましょう。

最近ようやく話題になってきましたけど河野さんのね、河野談話、­これもきれいに否定していただければ、まあ話は早いんじゃないで­すかね。これを元に色々、近隣諸国は言ってくるわけですから。河­野談話は元々、何の根拠もないのに、政治的に、政治的な妥協の産­物として、そういうものを作ったと、発表したということですから­、事実にそぐわないものですから、これも早く否定していただいて­スッキリした形でね、やっていただくのがいいと思います。この談­話を発表したのも自民党さんの時代ですから自民党さんが否定され­るというのが一番すっきりするんじゃないでしょうかね。あと宮沢­さんの談話もありましたよね。ああいうのもね、あと教科書問題ね­、教科書問題ですかね、宮沢談話でしたか、そういうのも全部もう­スッキリしちゃいましょう、この際。もう戦後67年経って、もう­自民党さんも一回、野党を経験しているわけですから、外側から今­まで日本が行ってきた、多くは自民党さんが行ってきたことですけ­ど、日本政府が行ってきたことを評価する客観的な視点を持つこと­ができたんじゃないかと思いますので、ぜひお願いします。

それでね、まあ次の選挙に向けて民主党をブッ倒していただいて、­当然ね、選挙では勝っていただかなければいけませんので、しっか­りとね、アピールしていただいて、自民党は民主党と違うんだとい­うことをハッキリとね、知らせるようにしてください。先日もね、­私、民主党前で座り込みをしていましたら、通りがかりの男性がね­、段階の世代の男性だとお願いしますけど、まあ民主党はもちろん­ダメなんだけど、自民党もまあどうかなと、民主党は自民党の劣化­版でしょというふうにおっしゃってましたので、私はね、民主党は­コンクリートから人へと言ってるでしょと、だから公共事業できな­いんですよと、これから大きな災害が起きた時にも国民は民主党の­コンクリートから人へというスローガンのせいで死んでいくんです­よと、自民党は国民を守るために列島強靱化という施策を行って、­そしてデフレも脱却させるようにしてるんですよと、全然ちがいま­すよと、いうことをね、その方にお伝えしました。納得いただいた­のかどうか分かりませんけどね。国民の多くはやっぱりね、そうい­うふうに思っちゃってますよ。

民主党と自民党あんまり変わらないというふうに思っちゃってます­ので、しっかりとね、全然ちがうんだということをアピールしてい­ただきたいです。ホントにね、自民党さんには頑張っていただきた­いと思っていますので。列島強靱化に関してね、デフレ脱却とも絡­むんですけども、次の公約でしっかりとインフレ目標をね、2%っ­ていう話、出てるみたいですし、日銀法改正をしっかりとやるって­いうことをね、盛り込んでいただけると違いがよく出るんじゃない­かと。それからね、先ほども言いましたけども、談話ですね、河野­談話は否定するというようなこともしっかりと公約の中にですね、­書いていただけると自民党支持の人間もね、保守の人間は安心して­投票できると思います。今ね、まあ選挙、政権、政局がらみでどう­しても公明党さんと組んでますから、そこでね、自民党さんにね、­投票するのを躊躇する人も居るんですよ。ですから、自民党さんは­自民党さんとしてしっかりと保守的な政策を行うんだということを­明記していただきたいです。

まあ、そういう意味でね、人権侵害救済法案に関しても党としてハ­ッキリと反対だということを公約の中にね、盛り込んでいただける­とより安心できますのでね。人権侵害は現行の法律で96%、ほぼ­100%解決できるという話がありますので、無理矢理ね、人権侵­害救済法案を作る必要はありません。昨日ですかね、今日ですかね­、民主党が党の部門会議で人権侵害救済法案を党として採択すると­いう決定をしたようですけども、もう政権末期の断末魔で、あいつ­ら何やってくるか分かりませんので、そのへんね、しっかりと国民­の生活を守るための戦いを自民党さんにやっていただきたいと。国­民ひとりひとりではね、何もできませんので最前線で戦ってくださ­ってる自民党さんに、ぜひね気を緩めずにしっかりとやっていただ­きたいという思いでお話させていただいております。まあね、言い­たいことは色々あるんですけど、とりあえずは民主党政権をブッ倒­しましょう。そこからすべてね、始まると思いますのでね。ぜひ、­頑張ってください。

夜もすっかり日が暮れてしまいましたけど、まあ今日はね、問責決­議でもしかして長い一日なるかもしれませんけど、頑張ってくださ­い。私からは以上です。機動隊の皆さん、警備の皆さん、いつも自­民党の警備、大変お疲れ様です。ご協力、ありがとうございました­。









無料アクセス解析

 人気ブログランキングへ
■クリック支援ありがとうございます



※「結果を見る」ボタンをクリックすると、アンケート結果をご覧いただけます

スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*写真展のブログはこちらからどうぞ

自動WEBサイト翻訳(多言語)

座り込み抗議の経緯と現在

2011年10月22日の夜、永田町民主党本部前にて男性一名が『日韓通貨スワップ5兆3600億円の金融支援』に対する抗議の座り込みを開始する。現在はリレー方式で、日にちが途切れる事なく抗議活動は継続されている。 民主党に対する座り込み抗議活動は徐々に広がり、各地で開始される。

<一般市民が民主党に対して、抗議活動を行っている地域>
東京、大阪、神奈川、埼玉、栃木、熊本、群馬、山梨、茨城、滋賀、広島、長野、山形、宮城、三重、千葉、合計16の都道府県

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込みの参加者について

座り込みの参加者は、ネットの掲示板を見て集まった一般市民の方々です。主催者はおらず、各自の責任の元、意思や主張を示す活動を行っておられます。

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込み現場に激励に来られた方々

■座り込み参加者の励みとなります。ありがとうございます。
【永田町民主党本部前】
・2012年01月24日、「頑張れ日本!」の水島社長から、座り込み現場用のTシャツと激励の言葉を頂戴する。
❖❖❖❖❖❖2012年01月29日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年02月02日、西田昌司議員から激励の言葉を頂戴する。
・2012年02月12日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年02月26日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月08日、『フジテレビデモに行ってみた!』の著者古谷ツネヒラさんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月11日、片山さつき議員が、現場に激励に来られました。
・2012年04月04日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年06月15日、荒川区議の小坂英二区議会議員が、現場に激励に来られました。
・2012年7月6日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年10月19日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
❖❖❖❖❖❖2012年10月20日、座り込み365日目(一年)をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年10月20日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年12月15日、キャスター・ジャーナリストの佐波優子さんが、現場に激励に来られました。



【民主党埼玉県総支部連合会前】
❖❖❖❖❖❖2012年03月13日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年03月15日、諸井真英議員(自民党所属埼玉県議会議員)が、現場に激励に来られました。
・2012年11月04日、小坂荒川区議会議員、三輪和雄さん、頑張れ日本!全国行動委員会の皆様から  激励をいただきました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスカウンター

『since 2011.11.12』

生主さんコミュニティリンク

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

※ブログの写真の取り扱いに付いて

リンク

QRコード

QR

人気ブログランキング


(since) 2011.12.01

プロフィール

あんそにぃ

Author:あんそにぃ
【わたくしのブログに、ご訪問ありがとうございます】
■座り込みに参加されている方々の写真を撮影し、記録としてブログに掲載しております。(個人ブログであり、公式ブログではありません)
※2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。

■霞ヶ関や永田町、一般個人主催のデモを撮影しております。
■気になる政党の街宣の様子を、撮影しております。
■ランキングアップのクリックをしていただいた皆様、拍手をクリックしていただいた皆様、ありがとうございます。
■このブログは、特定の政党や宗教、団体とは関係ございません。政治やマスコミなどに違和感を感じた事をきっかけに、自分の足で確かめようと始めました。日本が好きな一般市民です。

ブログポリシー

・このブログは、わたくしが撮影した現地の写真で構成しております。
・「ネトウヨ」と呼ばれている人々は、噂通りのネトウヨなのか?それとも保守なのか。報道されない真実を、カメラで記録したいと考えております。

※撮影対象者につきましては、顔が写り込まないよう注意をはらっております。個人を撮影の際は、ご本人様に写真の確認をしていただいております。不適切な場合はその場でデータを削除しております。

※現地に出向いた際は、撮影の許可をよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。