スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永田町民主党本部前。「座り込み、357日目」

皆さんお疲れさまです。
2012年10月12日、民主党本部前座り込み357日目の延べ参加人数は7名です。




1012_001.jpg




1012_002.jpg




1012_003.jpg




1012_004.jpg

本日の写真は座り込み参加者の方からご提供いただきました。ありがとうございます。





❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖




自民党へ激励街宣(2012年10月12日)



自由民主党さん、こんばんは。私は民主党のですね、政治に対して­非常に強い不満を持っておりまして、その民主党に対して抗議の意­を表すために毎日、永田町の方に参りまして座り込みの抗議をして­おります。永田町の方に毎日、来てる関係で自民党さんの方にもね­、やって参りまして、自民党さんに対してはですね、民主党とは反­対に、ぜひ頑張って民主党を倒してほしいと、自民党さん頑張って­ほしいという激励の趣旨の街宣を毎日、させていただいております­。まあ、そんなに長く話すつもりはありませんので、その間、ちょ­っとうるさいかもしれませんけれども、ご容赦ください。

それでですね、自民党さんの本部の玄関の所にもね、東日本大震災­の復興対策本部というのが、看板が立ってますよね。この東日本大­震災はね、我々、日本人にとって非常にね、大きな事件でした。こ­の大きな事件を日本人が一丸となって乗り越えるべく、3月11日­以来、ずっと我々やってきたわけですけれども、まあやっぱり民主­党にホントにきれいに裏切られたという気持ちが強いです。そもそ­もね、震災の復興であれば基本的にはインフラを何とかするという­話が非常に大きいですので、本来であればね、建設国債を出して対­応すれば良かったんですよ。ところがね、民主党は国会の財政をね­、主婦のお小遣い帳の感覚でやってますからね、もう赤字が増えた­ら大変だということで建設国債を出すのを止めて25年間の復興増­税という形で、増税という形を取りました。

このデフレが20年近く続いている状況で、景気も悪い状況で、デ­フレを加速させる増税を選んだということで、その時点で、もうハ­ッキリ言って政府・与党失格なんですけども、さらにはですね、そ­の復興予算を余らせて、全部使い切らずに余らせて、いったいどう­いうことかなと思っていましたら、その使った予算もどうやらね、­復興の地元のために使われるお金よりも、復興にね、ちょっとだけ­関連した、ホントにそれが復興の予算と言えるのかというような使­われ方をね、たくさんされているということが、どうもあきらかに­なってきました。これはね、ハッキリ言って政府・与党がしっかり­と役人をですね、省庁の役人をコントロールできてないからこうい­うことが起こるわけですよね。

適当にやっても大丈夫だろうと、そういう感覚で役人達が動いてる­と。もうハッキリ言って民主党政権ね、もう末期的症状ですから、­そうなりますよ、当然。ですからね、民主党政権では復興は10年­経っても、20年経っても、100年経ってもできませんよ。です­からね、自民党さん早く民主党政権をブッ倒して早く政権を取って­ください。その上で東日本大震災の復興を力強く進めてください。­復興の予算は、そもそも東日本大震災で被災された方が一刻も早く­、自分の元の生活に戻れるように、なるべく早くね、なるべく近い­形になれるように、そういった趣旨でね、本来、行われるべきです­よ、この復興事業はね。お金は、そのために使われるべきですよ。­外国人が日本に来るために友好事業のためにお金を使うのは復興の­予算とは違いますよ。もし、それがどうしても必要な事業であれば­、そのための予算をちゃんと組むべきですよね。復興の予算は復興­のために使っていただきたい。ホントにそう思います。

それでね、まあ自民党さんがね、復興の予算をしっかりとチェック­するべく小委員会を開こうとしたところですね、民主党が理由不明­の理由で民主党の委員が出席せずに流会になりました。ホントにね­、何のために政治をしてるのか。民主党の奴らにね、ハッキリ言っ­て、この国をもう任せてられないんですよ。ですからね、ホントに­自民党さん、頼みます。一刻も早く追い込んでください。ホントに­ね、もう一秒の猶予もなりませんよ。そういうことですのでね、お­願いします。

あとね、今日ですかね、野田総理と安倍総裁がTPPの関係で会合­で鉢合わせされてましたけれども、野田総理はね、相変わらず、成­長著しいアジアの成長を取り込むんだという非常に抽象的なこと言­ってますけども、あの方はね、ISD条項すらしっかりご存知じゃ­なかった方ですから、まあ適当なこと言ってるんですよ。それでね­、自民党さんもTPPについては反対だということだと思うんです­けれども、まあね、いかんせん野党ですからね、まあ与党の民主党­が賛成してるから自民党も反対だというようなね、感じもあったと­思うんですけれども、そうではなくてね、TPPに関しては非常に­問題が多いですから、その点をしっかりと国民に説明して反対のた­めの反対ではないということをしっかりとね、広く知らしめてくだ­さい。マスコミもね、TPP賛成が多いですから、TPPをやると­ね、ISD条項によって日本の国柄がメチャクチャにされてしまう­んだと。国民健康保険もね、たぶんね、物凄い高いものになってし­まいますよ。

結局、TPPっていうのは各国の障壁を無くすということですから­、当然、九つも国があれば、どこの国のルールに合わせるかという­とまあ力の強い国、アメリカですね、それから一番レベルの低い所­に合わせるしかなくなるじゃないですか。日本のようにね、国民健­康保険がしっかりとした国なんて世界に無いんですよ。世界には先­進国と言われてるアメリカですら健康保険は、もうメチャクチャに­なってますよ。物凄い高い医療費になってますよ。他の国が日本の­医療制度に合わせるってことは不可能ですから、日本が制度を他の­粗悪な所に合わせるしかなくなるじゃないですか。

基本的にTPPは国境を無くすという概念に近いものがありますか­ら、もしTPPをやると日本のように精緻な、精緻に組み上げられ­た社会は他の、もうちょっといい加減な国に全部、制度を合わせな­きゃいけなくなるんですよ。それがホントに日本の国民のために、­幸せになるのかということを、ぜひ考えていただきたいと思います­。自民党さんも業界団体が反対だからとか、野党時代だったから反­対だと、与党になったら賛成だというようなことは、ぜひ止めてい­ただいて、TPPの問題点、そもそも日本に過度な自由貿易が必要­なのか、その根本から掘り下げて考えていただきたいと思います。

今日は東日本大震災の復興の話とTPPの話をさせていただきまし­た。今日は以上になります。自民党さんにお伝えしたいことはたく­さんあるんですけれども、また時間があれば参りますので、その時­はよろしくお願いいたします。機動隊の皆さん、警備の皆さん、い­つも自民党の警備、大変お疲れさまです。本日はご協力、ありがと­うございました。








民主党への街宣(2012年10月12日 )








❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖





■霞ヶ関散策中に出会った『怒れる日本人』
(一人、または少人数での省庁に対する抗議の声)


※霞ヶ関火曜日デモ・三省庁物語(法務省〜農林水産省〜経済産業省)←クリック

※厚生労働省前、日本人の抗議←クリック

※財務省前、日本人の抗議←クリック

※財務省前、日本人の抗議2←クリック

※法務省前、日本人の抗議←クリック

※法務省前、日本人の抗議2日目←クリック

※法務省前、日本人の抗議3日目←クリック

※法務省前、日本人の抗議4日目←クリック

※法務省前、日本人の抗議5回目←クリック

※法務省前、日本人の抗議6回目←クリック

※法務省前、日本人の抗議7←クリック

※法務省前、日本人の抗議8←クリック

※法務省前、日本人の抗議9←クリック

※法務省前、日本人の抗議10←クリック

※法務省前、日本人の抗議11←クリック

※法務省前『法務省抗議体験ツアー』12←クリック

※外務省前、日本人の抗議←クリック

※外務省前、日本人の抗議(Episode II)←クリック



■都道府県各地の民主党前で抗議を行う『一人の怒れる日本人』

※千葉での民主党前抗議、本日で第20回目。←クリック


■一人の怒れる日本人が、東大五月祭にて岡田副総理に質問←クリック


■自由民主党本部前にて、青年とおまわりさん。←クリック

■自由民主党本部前にて、青年とおまわりさん。2←クリック

■自由民主党本部前にて、青年とおまわりさん。3←クリック

■自由民主党本部前にて、青年とおまわりさん。4←クリック

■自由民主党本部前にて、青年とおまわりさん。5←クリック

■自由民主党本部前にて、青年とおまわりさん。6←クリック

■自由民主党本部前にて、7←クリック

■自由民主党本部前にて、8←クリック

■自由民主党本部前にて、9,10←クリック

■自由民主党本部前にて、11←クリック

■自由民主党本部前にて、12←クリック

■自由民主党本部前にて、13,14←クリック

■自由民主党本部前にて、15←クリック

■自由民主党本部前にて、16←クリック

■自由民主党本部前にて、17←クリック

■自由民主党本部前にて、18←クリック

■自由民主党本部前にて、19←クリック

■自由民主党本部前にて、20←クリック

■自由民主党本部前にて、21←クリック

■自由民主党本部前にて、22←クリック

■自由民主党本部前にて、23、24←クリック

■自由民主党本部前にて、25、26←クリック

■自由民主党本部前にて、27←クリック

■自由民主党本部前にて、28、29←クリック

■自由民主党本部前にて、30←クリック

■自由民主党本部前にて、31←クリック

■自由民主党本部前にて、32←クリック

■自由民主党本部前にて、33←クリック

■自由民主党本部前にて、34←クリック

■自由民主党本部前にて、35、36←クリック

■自由民主党本部前にて、37、38←クリック

■自由民主党本部前にて、39←クリック

■自由民主党本部前にて、40←クリック

■自由民主党本部前にて、41、42←クリック

■自由民主党本部前にて、43←クリック

■自由民主党本部前にて、44←クリック

■自由民主党本部前にて、45←クリック

■自由民主党本部前にて、46←クリック

■自由民主党本部前にて、47←クリック

■自由民主党本部前にて、48←クリック

■自由民主党本部前にて、49、50、51←クリック

■自由民主党本部前にて、52、53、54←クリック

■自由民主党本部前にて、55←クリック

■自由民主党本部前にて、56←クリック

■自由民主党本部前にて、57←クリック

■自由民主党本部前にて、58←クリック

■自由民主党本部前にて、59←クリック

■自由民主党本部前にて、60←クリック







※「座り込み抗議200日」突破企画アンケート結果発表←こちらからご覧いただけます。

※「座り込み抗議100日」突破企画アンケート結果発表←こちらからご覧いただけます。



無料アクセス解析

 人気ブログランキングへ
■クリック支援ありがとうございます





※「結果を見る」ボタンをクリックすると、アンケート結果をご覧いただけます

スポンサーサイト
03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*写真展のブログはこちらからどうぞ

自動WEBサイト翻訳(多言語)

座り込み抗議の経緯と現在

2011年10月22日の夜、永田町民主党本部前にて男性一名が『日韓通貨スワップ5兆3600億円の金融支援』に対する抗議の座り込みを開始する。現在はリレー方式で、日にちが途切れる事なく抗議活動は継続されている。 民主党に対する座り込み抗議活動は徐々に広がり、各地で開始される。

<一般市民が民主党に対して、抗議活動を行っている地域>
東京、大阪、神奈川、埼玉、栃木、熊本、群馬、山梨、茨城、滋賀、広島、長野、山形、宮城、三重、千葉、合計16の都道府県

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込みの参加者について

座り込みの参加者は、ネットの掲示板を見て集まった一般市民の方々です。主催者はおらず、各自の責任の元、意思や主張を示す活動を行っておられます。

♦♦♦♦♦2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。♦♦♦♦♦

座り込み現場に激励に来られた方々

■座り込み参加者の励みとなります。ありがとうございます。
【永田町民主党本部前】
・2012年01月24日、「頑張れ日本!」の水島社長から、座り込み現場用のTシャツと激励の言葉を頂戴する。
❖❖❖❖❖❖2012年01月29日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年02月02日、西田昌司議員から激励の言葉を頂戴する。
・2012年02月12日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年02月26日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月08日、『フジテレビデモに行ってみた!』の著者古谷ツネヒラさんが、現場に激励に来られました。
・2012年03月11日、片山さつき議員が、現場に激励に来られました。
・2012年04月04日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
・2012年06月15日、荒川区議の小坂英二区議会議員が、現場に激励に来られました。
・2012年7月6日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年10月19日、北海道議会の小野寺まさる議員が、現場に激励に来られました。
❖❖❖❖❖❖2012年10月20日、座り込み365日目(一年)をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年10月20日、ジャーナリストの山際澄夫さんが、現場に激励に来られました。
・2012年12月15日、キャスター・ジャーナリストの佐波優子さんが、現場に激励に来られました。



【民主党埼玉県総支部連合会前】
❖❖❖❖❖❖2012年03月13日、座り込み100日目をむかえる❖❖❖❖❖❖
・2012年03月15日、諸井真英議員(自民党所属埼玉県議会議員)が、現場に激励に来られました。
・2012年11月04日、小坂荒川区議会議員、三輪和雄さん、頑張れ日本!全国行動委員会の皆様から  激励をいただきました。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスカウンター

『since 2011.11.12』

生主さんコミュニティリンク

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

※ブログの写真の取り扱いに付いて

リンク

QRコード

QR

人気ブログランキング


(since) 2011.12.01

プロフィール

あんそにぃ

Author:あんそにぃ
【わたくしのブログに、ご訪問ありがとうございます】
■座り込みに参加されている方々の写真を撮影し、記録としてブログに掲載しております。(個人ブログであり、公式ブログではありません)
※2012年12月16日、422日間続いた民主党本部前座り込みは終了致しました。

■霞ヶ関や永田町、一般個人主催のデモを撮影しております。
■気になる政党の街宣の様子を、撮影しております。
■ランキングアップのクリックをしていただいた皆様、拍手をクリックしていただいた皆様、ありがとうございます。
■このブログは、特定の政党や宗教、団体とは関係ございません。政治やマスコミなどに違和感を感じた事をきっかけに、自分の足で確かめようと始めました。日本が好きな一般市民です。

ブログポリシー

・このブログは、わたくしが撮影した現地の写真で構成しております。
・「ネトウヨ」と呼ばれている人々は、噂通りのネトウヨなのか?それとも保守なのか。報道されない真実を、カメラで記録したいと考えております。

※撮影対象者につきましては、顔が写り込まないよう注意をはらっております。個人を撮影の際は、ご本人様に写真の確認をしていただいております。不適切な場合はその場でデータを削除しております。

※現地に出向いた際は、撮影の許可をよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。